Aruba

サービスの特徴

モバイルとIoTに対応した、よりスマートなネットワークを強固に構築するなら

ClearPassは、有線・無線のマルチベンダー・ネットワークで構成された今日のデジタル・ワークプレイスのセキュリティ上の課題を解決するために、時代遅れのレガシーAAAをコンテキストアウェアなポリシーに置き換えました。 可視性、ポリシー制御、ワークフロー自動化を、1つのまとまったソリューションで実現します。

ClearPass Onboard BYOD

Arubaのモバイル・ファースト・プラットフォーム・パートナー・プログラムの一部として、ClearPass Exchangeパートナーは、Aruba ClearPassポリシー管理ソリューションに統合されるセキュリティ機能とオペレーション機能を開発しました。 これらのサードパーティ製ITシステム(ファイアウォール、MDM/EMM、SIEM)は、RESTベースのAPI、Syslogメッセージング、新しいArubaのExtensionsリポジトリを使用して、エンドツーエンドのポリシー適用と可視性を実現します。

ClearPass Exchange

ClearPass Exchangeは、コンテキスト・データを幅広いサードパーティ製ITシステム(ファイアウォール、MDM/EMM、SIEM)と共有するための中央ハブとして機能し、ポリシーの適用と可視化をエンドツーエンドで行うことができます。 ClearPassは、API、Syslogメッセージング、Arubaの新しいClearPass Extensionsを利用したデータ交換に対応しています。 

関連製品

AP 225

2.4GHz (最大600Mbps)と5GHz (最大1.3Gbps)ラジオ、それぞれ3x3 MIMOに対応、全方向性ダウンチルト・アンテナx3を内蔵
 ・APタイプ: 屋内用、デュアルラジオ、5GHz 80211acおよび2.4GHz 802.11n
2.4GHzラジオは、802.11nのデータ・レート以外に256-QAMモジュレーションによる802.11acデータ・レートをサポートします。 これにより、TurboQAM対応クライアントでサポートされる最大データ・レートは33%高速になります。
使用可能チャネル: 設定されている規制範囲による
動的周波数選択(DFS)による使用可能RFスペクトラムの最適利用
対応無線テクノロジー:
 ・802.11b: 直接拡散方式(DSSS)
 ・802.11a/g/n/ac: 直交周波数分割多重方式(OFDM)
 ・802.11n/ac: 3x3 MIMO (最大3空間ストリーム)

AP 330

マルチユーザーMIMO対応デュアルラジオ802.11acアクセス・ポイント5GHz帯で最大1,733Mbps(4SS/VHT80または2SS/VHT160クライアント)、2.4GHz帯で最大800Mbps(4SS/VHT40クライアント)をサポートします。

4x4 MIMO向け2.4GHzダウンチルト全方向性内蔵アンテナx4(各アンテナの最大利得は4.3 dBi)。

5GHzラジオ・チェーンは、それぞれが水平・垂直両方の偏波アンテナ素子を備えており、送受信する各データパケットに最適な素子セットをAPソフトウェアが自動的かつ動的に選択します。
4x4 MIMO向け5GHzダウンチルト全方向性内蔵アンテナx8(各アンテナの最大利得は水平で5.4 dBi、垂直で4.2 dBi)。

内蔵アンテナはAPの水平天井面取り付け方向で最適化。利得が最大になるダウンチルト角度は約30度。同一帯域で動作するすべての素子の複合(合計)アンテナ・パターンの最大利得は、2.4GHzでは8.6 dBi、5GHzでは水平で8.5 dBi、垂直で8.1 dBi。

↑